HOME > 新着情報 > 日韓学生の協働研修Ⅰ(派遣研修)

新着情報

役立つリンク集
関連資料

日韓学生の協働研修Ⅰ(派遣研修) (2018.05.30 掲載)

8月中に韓国を訪問し(10日間)、韓国の協定大学の学生と共に考え行動する体験を通して、異文化交流の実践や自文化の見直しを行い、コミュニケーション能力の向上を目指す研修です。


韓国の群山市の群山大学(前半)と、ソウル市の明知大学(後半)を訪問し、

それぞれの大学の学生のサポートのもとに行う体験型文化研修です。





「韓国語を学ぶ」ことが主目的ではないことに注意してください







日程





出発前(日程は今後調整):事前指導(8コマ)


8月20日(月) 出発(盛岡〜バス〜仙台空港=仁川空港〜群山、今後変更の可能性有)


  21日(火)―23日(木)群山大学生との協働活動


24日(金) 群山での行動に関する報告会


  25日(土) 群山からソウルへ移動


  26日(日) 明知大学生と協働活動


  27日(月) 明知大学生と協働活動


  28日(火) 自由行動


  29日(水) 帰国(仁川空港=仙台空港〜バス〜盛岡、今後変更の可能性有)


帰国後(日程は今後調整):事後指導/研修報告会



・この研修(2単位)は、副専修プログラム「グローバル・地域人材育成」のコア科目として認定されます。研修に行くだけでなく、韓国訪問の前(事前学習)と帰国後(事後学習)にそれぞれ複数回の講義や準備作業があり、最後にレポートを提出と報告を課します。


・群山では、全体での活動もありますが、多くは群山大学生(日本語がかなりできます)と一人ずつペアになって行動します。その際には、「自分が群山でどのような行動をしたいか」をきちんと相手に伝えて計画を立てて、相談しながら活動してください。


・ソウルでの協働活動時間は群山に比べて少ないので、明知大学生には目的を明確に伝える必要があります。(やはりペアになっての行動です)



◎研修費用について


 昨年度の研修は、航空運賃を含めて、一人あたり15万円ほどが必要でした。


Jasso奨学金について


 Jasso(日本学生支援機構)の奨学金を支給可能です。(8人程度まで。副専修プログラム履修のこと)奨学金支給ができない場合には、学部補助金を受けることができます。



*申し込み・連絡先:人間文化課程 梁 仁實 email: yismorka@iwate-u.ac.jp




Word文書 募集要項 (33,792 byte)
Word文書 申込書 (31,744 byte)

※添付ファイルを保存したい場合には、対応するアプリケーションが起動しますので、
そのアプリケーションにて、「名前を付けて保存」を行なって保存して下さい。
Windowsでは、右クリックにて「対象をファイルに保存」でもダウンロード可能です。