HOME国際研修・海外留学 > 各プログラムの紹介/短期海外研修、インターンシップ

国際研修・海外留学

役立つリンク集
関連資料

短期海外研修、インターンシップ

<国際研修―エネルギーと持続可能な社会>

Short-term Content-based International Program (SCIP)

 この研修は将来のリーダーを育成するための課題設定型研修です。12名の履修学生が6名ずつ分かれてアイスランドとスウェーデンでエネルギーに関する海外研修を約10日間行います。教員は同行しません。前年度2月から2度の説明会を開催し、4月から事前研修が始まります。工学部や農学部の先生方の講義や英語研修、市内エネルギー施設視察などを経て、9月に研修を行い、10月に国際月間で口頭発表を行います。全学部対象で2単位が付与されます。

  • 募集人数と対象:12名 全学部
  • 募集時期:4月第1週
  • 派遣時期:9月
  • 研修地:アイスランド、スウェーデンのいずれか

<フィリピン英語研修>

 この研修は集中的に英語力をつけたい学生対象です。研修地が日本から近く物価も安いため全体として研修費が低く抑えられるのが特徴です。研修場所はフィリピンのマニラ市内にあるデ・ラ・サール大学です。プログラムに教員は同行しません。このプログラムでは、大学の語学研修センターが実施する英語研修に3週間参加し、多様な留学生(例えばベトナム、スーダン、サウジアラビア、中国等)と日本語が通じない環境で研修ができます。現地での成績を勘案したうえで、教養教育科目の2単位が認定されます。

  • 募集人数と対象:8名 全学部
  • 募集時期:12月
  • 派遣時期:3月
  • 研修地:フィリピン マニラ市 デ・ラ・サール大学語学研修センター

<US-Japan Forum研修>

 この研修は米国シリコンバレーで実施するプログラムです。参加者は日本の多くの大学から集合するので、様々な大学、専攻の学生と一緒にディスカッションや発表ができることが特徴です。この研修は2つのプログラムがあります。

グローバルプロ養成プログラム(1か月プログラム)

 本プログラムは、US-Japan Forumと複数の国内大学及びBizjapanによる合同海外研修プログラムで、将来国際的な場で活躍できる研究者、技術者、医師、教育者、起業家、弁護士、会計士などグローバルプロフェッショナル養成のための企業研修として、米国シリコンバレー近郊の企業や教育機関にて、海外で活躍する日本人の指導を受けながら2週間の夏季実習を体験します。

 後半は下記に記載のあるイノベーション研修に参加し、米国の大学やベンチャー企業などを訪問し、異なる文化や価値観を学びます。また、海外で活躍する起業家やコンサルタントによる講演会、研究者や技術者とのディスカッションを行い、国際的な広い視野と専門知識の習得を目的とします。

  • 研修先の例:スタンフォード大学、ニューロスカイ、日本語補習校、ビジネスインキュベーション会社等

カリフォルニア・イノベーション研修(約1週間プログラム)

 本プログラムは、US-Japan Forumと複数の国内大学及びBizjapanによる合同海外研修プログラムで、米国の多民族文化と科学技術のメッカでもあるカリフォルニア州サンノゼ市近郊のシリコンバレーを中心に、米国の大学や企業を訪問し、異なる文化や価値観を学びます。 また海外で活躍する起業家やコンサルタントによる講演会、研究者や技術者とのディスカッションを行い、国際的な広い視野を身につけると共に、人生や勉学に対する目標を定め、自己実現の基礎とすることを目的とします。さらに、サンノゼ州立大学にて開催する「日米未来フォーラム」 に参加し、日米間の歴史を学び、今後の日米関係や世界のあるべき姿についてのディスカッションと発表を行います。

  • 訪問先の例:カリフォルニア大バークレー校、ユニオンバンク、テックミュージアム、サンノゼ州立大等)
  • 募集人数と対象:10名程度 全学部
  • 募集時期:5月
  • 派遣時期:8月〜9月
  • 研修地:米国 サンノゼ・サンフランシスコ地区