HOME国際研修・海外留学 > 岩手大学の国際研修・海外留学/概要

国際研修・海外留学

役立つリンク集
関連資料

概要

 海外への留学や研修は、誰でも初めてのことで、よくわからない、どこから始めて良いかわからないものです。ここにはステップごとに何をいつやればいいかまとめて書いてありますので、よく読んで準備を進めてください。
 海外に学びに行く全てについて「留学」と呼ぶことが増えていますが、大学でいう「留学」とは、派遣先の高等教育機関から単位を付与されるものを指します。単位が付与される短期語学研修であっても、正確に言えば岩手大学が岩手大学生に単位を認定するということですので、これは「海外研修」と呼ばれます。
 「交換留学」とは、岩手大学と協定を締結している海外の大学に行く留学形態で、派遣学生として留学ができます。岩手大学に授業料を支払えば、派遣先での授業料は請求されません。
プログラムの種類は大きく分類して以下の通りです。

1.海外留学

(1)交換留学(期間:半年〜1年)

 岩手大学が学生交流協定を締結している大学に留学するものを指します。協定には学部間協定と全学協定があり、学部間協定の場合には当該学部の学生だけが派遣対象になります。
 交換留学では、岩手大学に授業料を支払っていれば、相手大学での授業料が不徴収になるという取り決めがされていますので経済的です。そして、あらかじめ先方で履修する科目を調べ、単位互換ができることを確認していけば、復学することなく当初の予定通り4年間で岩手大学を卒業することができます。交換留学では学部によって取り扱いが違うので事前確認が必須ですが、原則として留学期間に取得した単位は岩手大学の単位として認めることになっています。英語圏または英語での授業を受けるプログラムでは、上級の英語力(TOEFLiBTでの一定以上のスコア)が求められます。全学対象の英語圏協定校への派遣は、派遣予定月の前年10月に募集します。しっかり準備しましょう。

2.海外研修

(2)語学研修(期間:1ヶ月以内)

 岩手大学が企画したもののみ単位が認定されます。プログラムによって参加を認める学部が限定されているものがありますので、事前に確認が必要です。通常、参加するための語学力は問われません。岩手大学の学生が団体で参加します。

(3)海外短期研修(期間:1ヶ月以内)

 岩手大学では海外で実施する語学研修以外の研修を開発しています。職業インターンシップ、課題解決型海外研修など、「英語で」体験したり学んだりする研修です。募集はプログラム開始の半年から3ヶ月前くらいに掲示されます。

(4)国際ボランティア・国際エコボランティア(期間:1ヶ月以内)

 CIEEが主催するプログラムに、岩手大学はメンバー校として参加を推奨しています。毎年5月と12月にプログラム説明会を実施しています。海外が初めて、とりあえずコミュニケーション力をつけたいという学生にお勧めしています。
 http://www.cieej.or.jp/05_exchange/ivp/

(5)ワーキングホリデー(期間:半年〜1年)

 海外での生活を体験してみたい、新しい自分を作り上げたいなどといった目的を持つ学生はワーキングホリデーに参加しています。世界の色々な国と日本が協定を作って参加者を募っています。年齢制限やビザ申請時期や発給数など国ごとに違いがあるので、関心のある人は早めに情報収集をお勧めします。

 この他にも毎年新しいプログラムができますので、国際課の掲示板やホームページのチェックをマメにしましょう。