HOMEグローバル教育 > 外国語学習支援/Step-Up English & Super English

グローバル教育

役立つリンク集
関連資料

Step-Up English & Super English

 英語圏への留学や英語による授業を提供している非英語圏への留学、海外研修等のために英語力をつけたい人のための準備コースです。いずれも週2回、午後6時20分から7時50分まで開講します。Step-Up Englishは基礎力強化、Super EnglishはStep-Up Englishで一定以上の英語力をつけられた学生が受講できます。Super Englishに直接登録するためには、TOEFLiBTで60以上のスコアが必要です。参加者の募集は前期分については前年度の1月下旬〜3月上旬、後期分は7月中旬〜9月上旬に掲示します。初めてStep-Up Englishを受講する場合には半年以内に受験した英語力の証明書(英検2級、CASECとTOEICいずれか700点)が必要です。募集の詳細は学内掲示及び英語学習支援のお知らせ欄でお知らせします。

受験のタイミングが合わない場合にはCASECをお勧めします。受験をしたい方はこちらから情報を得てください。

受講申し込み用紙は新着情報からダウンロードしてください。

初めて受講する学生は、記入した受講申し込み用紙を英語力証明書のコピーと一緒に国際課に提出してください。受講ができるかどうかについては、締め切り後にメールにて連絡します。

体験談

農学部4年生 Y.O.さん

私は、将来は海外で働きたい、英語を勉強していれば自分の専門分野でも生かせるのではないかという思いから、2年生のときに初めて知ったStep-up EnglishとSuper Englishのプログラムを履修することに決めました。今では大好きなSuper Englishのクラスですが、最初は自分の実力不足にショックを受けたり、4年生になると学科の勉強や行事との両立が難しく、クラスを履修し続けられるかどうか悩んだりしました。このように迷ったり悩んだりすることも多い私でしたが、先生方の助けや、クラスの友達・先輩からの影響もあり、プログラムを通して自分の英語力を様々な面で伸ばすことができました。

まず、とくにWritingの面で大きかったのですが、プログラムに参加することで自分の正確な実力を知ることができました。私は以前外国に滞在していた経験があり、英語に関しては他の人よりもできるという自信をもっていました。しかし、初めてこのクラスでエッセイを書こうとしたとき、書き出し、文の構成、それぞれの文のつなぎかた、など分からないことばかりで頭が真っ白になりイントロダクションさえ書けずに終わってしまいました。初回の授業で自信を喪失したことはショックでしたが、そこで自分の実力を冷静に知ることができました。ときには厳しい言葉を頂くこともありましたが、先生からのアドバイスやクラスメートのエッセイから学ぶことで、徐々にWritingの実力を伸ばすことができました。

次に、このプログラムは私にとって、海外留学を目指すクラスメートとの貴重な情報交換の場所です。Step-up English、Super Englishのプログラムでは、一緒に授業を受ける中で他の人のスピーチを聞いたり、エッセイを見たりする機会がたくさんあります。このように一緒に授業を受けることで、私は自分の得意な部分や伸ばすべき部分をより明確が知ることができました。それと、授業前や授業後にクラスメートと話すことで、エッセイの勉強法や単語の覚え方、将来のことなど様々な情報を得ることができました。また先生にはお忙しい中英語の指導だけでなく、学科行事との両立に悩む私の相談にのって頂き、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

Step-up English、Super Englishのプログラムは大変な一面もありますが、目標をもって続けていれば必ず自分の力になると思います。私はいまだにWritingが不得意分野ですが、プログラムで練習することによりTOEFL iBT試験で90点を超えることができました。以前は専門分野の勉強に手一杯になってしまうことが多かったのですが、今考えるともったいないことをしていたなと思います。これからはもう少しうまく時間を使って、単語の勉強やスピーチの練習など英語の勉強にも時間が使えるようにしたいと思います!

(Y.O.さんは2015年3月に岩手大学卒業後米国の大学院に進学しました)