HOME本学への留学/外国人留学生 > 留学便利情報/授業を受けるための注意点

本学への留学/
外国人留学生

役立つリンク集
関連資料

授業を受けるための注意点

 国によって教室の「常識」が違います。日本の大学で授業を受ける時には、以下のことに気を付けてください。

【服装について】

 服装は基本的に自由ですが、授業を受けるときのマナーとして、以下のことに気をつけて下さい。

  • 全体にだらしないと受け止められる服装をしない。(よごれている、面倒でボタンをとめていない、など)
  • 上半身に何も身につけないで教室に来てはいけない。
  • へそが見える、女性の場合バストラインが見えるなどの服装はしない。

 日本では入れ墨をしている人は否定的に見られます。あなたの体に入れ墨がある場合には外から見えないような服装をしてください。どんなデザインでも例外はありません。よくわからない場合には先生に相談してください。

【授業の受け方について】

 授業を受けるときには、始まりの時間をきっちり守って遅れないように教室に入って下さい。授業中は友達と勝手に話すと妨げになりますので私語はしないでください。携帯電話もマナーモードに切り替えるなどしてください。授業を受けながら食べたり、飲んだりしてはいけません。

【試験について】

 試験は中間や期末などの大きな試験と、時々小テストがあります。テスト用紙は鉛筆で書いて、間違えた場合には消しゴムできれいに消して下さい。ボールペンや赤ペンは使わないでください。日本では正解は○、間違いは×、半分あっている解答には△をつけます。試験を受ける場合には時間が決められている場合がありますので、どれくらいの時間があるかを始まる前に先生に確認しておいてください。

【宿題について】

 宿題は提出期限をしっかり守って出しましょう。宿題を手書きする場合には鉛筆で書いて、間違えた場合には消しゴムできれいに消して下さい。ボールペンや赤ペンは使わないでください。