HOME本学への留学/外国人留学生 > 日本滞在のための手続き・生活上の注意/生活上の注意点

本学への留学/
外国人留学生

役立つリンク集
関連資料

生活上の注意点

(1)ゴミの処理について

 日本では、ゴミは種類ごとに分別し、決められた日に決められた場所に決められた時間に出さなければなりません。盛岡市では、地区ごとに収集場所・収集日が決められています。
 収集日は「ごみの分けかた・出しかた収集カレンダー」をご覧ください。住んでいる地区のルールを守ってゴミを出してください。
 問い合わせ先:盛岡市資源循環推進課 (電話:019-626-3733)

ごみの種類 ごみの内容 出す時の注意
燃やせるごみ 残飯、紙、木くず、衣類等 ・透明な袋に入れる
燃やせないごみ 陶器、ガラス類、小型家庭用品、金属類、小型家電品など ・透明な袋に入れる
・油や塗料の入っていたびんや缶は中身を抜く
資源ごみ びん

ペットボトル
・びん、缶、ペットボトルにそれぞれ分けてふたを外し、透明なポリ袋に入れる
古紙(新聞、雑誌、その他の紙、段ボール) ・種類ごとに束ねて、ひもで結ぶ
粗大ごみ 大型家電品※、大型家具、自転車など ・電話申し込みで市が収集する。
タイヤ ・販売店などに処理を依頼(有料)

※エアコン,ブラウン管式のテレビ,冷蔵庫・冷凍庫,洗濯機,パソコンは,家電リサイクル法等により収集や受け入れができません。販売店等へ依頼してください。

(2)日本で車を運転する場合

 日本では車は道路の左側を、歩行者は右側を通行することになっています。 また、車を運転し、事故を起こした場合、自分の責任で損害賠償をしなければなりません。そのため、できるだけ車の所有・運転はしないことをお勧めします。また必ず自動車損害賠償責任保険と任意保険に加入し国際課にその写しを提出してください。さらに、日本で車を運転するためには次に該当した人でなければなりません。

  • 外国の運転免許証を日本の運転免許証に変更した人
  • 日本の運転免許証を取得した人
  • 国際運転免許証を所持している人(入国又は発給日から1年間有効)
  • ドイツ・フランス・スイスの運転免許証を所持している人(上陸の日から1年間)

A.運転免許証の変更手続

自国の運転免許証や国際免許証を日本の免許証に変更するためには、岩手県運転免許センター(http://www.pref.iwate.jp/~hp0802/ )に申請してください。

B.岩手大学の交通規制

 本学では学生の自動車での入構は禁止しています。ただし、身体的な事情や特別な事情がある場合は、所定の申請手続きをした者に、入構及び駐車を許可することになっています。
 車を持った際は自分の車を置く駐車場を確保し、学内や市内に無断駐車や放置をしないようにしてください。

C.交通事故

 自転車、オートバイ、自動車を運転する時は交通事故を起こしたり、交通事故に巻き込まれないように注意してください。
 もし、交通事故にあった場合は、加害者になった場合でも、事故の大小にかかわらず必ず警察(TEL 110、公衆電話を利用する場合は赤いボタンを押す。)に連絡してください。事故で負傷者がいる時は救急車(TEL 119)にも連絡してください。また、大学にも連絡してください。

(3)日本で自転車に乗る場合

 皆さんが日本で生活する際には、自転車を利用することが多いと思います。
 自転車に乗る際は必ずルールを守って、交通事故を起こしたり、交通事故に巻き込まれないようにしてください。

◆ 防犯登録をすること。

 自転車を利用するには、法律により「自転車防犯登録」が義務付けられています。登録をすると万が一自転車が盗難にあった場合に、登録番号に基づいて警察が捜索してくれます。登録は自転車販売店でできます。登録手数料として約500円かかり、10年間有効です。自転車を友人や知人から譲り受けた場合は、前の持ち主が防犯登録をしていても、必ずまた新たに防犯登録をしてください。新しく防犯登録をしないと、警察から他の人の自転車を盗んだと判断されますので十分注意してください。また、放置されている自転車に勝手に乗ってはいけません。

◆ 夜間はライトを点けること。

 夜間走行する場合は、ヘッドライトを必ず点灯しましょう。無灯火による走行は法律で禁止されています。灯りがつかない場合は、自転車屋さんで修理してもらうか、ホームセンター等で売っている取り付け型のライトを付けてください。

◆ 駐車禁止区域に自転車を止めないこと。

 自転車を停めるときは必ず駐輪場にとめてください。道路などに勝手に止めてはいけません。自転車の駐輪禁止区域に自転車を止めたり、長い期間自転車を放置していると市役所に撤去されます。自転車を返してもらうためには身分証明書(学生証など)を持参し、2000円支払って自分で取りにいかなければなりません。

◆ 傘を差したり、二人乗りで自転車に乗らないこと。また、携帯電話で話をしながら、イヤホンで音楽を聴きながら自転車に乗らないこと。

◆ お酒を飲んだら自転車に乗らないこと。