HOME本学への留学/外国人留学生 > キャンパスライフ/アルバイト

本学への留学/
外国人留学生

役立つリンク集
関連資料

アルバイト

 留学生の活動目的は学習や研究であり、在留資格は原則として「留学」になります。在留資格「留学」の学生がアルバイトをする場合は、入国管理局から「資格外活動許可」を受け、定められた規則や就労時間を守なけばりません。

 許可を受けずにアルバイトしたり、定められた内容・時間を越えて就労した場合は、資格外活動違反となり、日本で留学生活を続けることができなくなりますので、注意してださい。

注意事項

  • 学生が許可される労働時間は、週28時間以内です。
    (ただし本学が定める休業期間中(夏季休暇など)は1日8時間以内)
  • 風俗営業・風俗関連営業が行われている以下の場所では、いかなる種類のアルバイトも禁じられています
    • 客の接待をして飲食させる喫茶店、バー、スナック、ナイトクラブ、コンパニオンなど
    • 麻雀店、パチンコ店、ゲームセンターなど
    ※このような場所では皿洗いや掃除、店の宣伝用ちらしやティッシュ配りをすることなども禁止されています。
  • 休学中の留学生が「資格外活動許可」を得ることはできません。また、休学中にアルバイトをすることも認められません
  • 「資格外活動許可」を得ずにアルバイトを行うこと、または許可されている範囲を超えてアルバイトを行うことは禁止されています(法律により罰則の対象となります)
  • 資格外活動許可の期限が切れた場合、アルバイトを継続することはできません
    (法律により罰則の対象となります)

資格外活動許可申請に必要な種類

  • 資格外活動許可申請書
  • 在留カードまたは在留カードとみなされる外国人登録証明書
  • パスポート

資格外活動許可に関するその他留意事項

  • アルバイト先が決まっていなくても資格外活動の申請をすることが可能です。今後アルバイトをしたいと思っている人はあらかじめ申請しておくとよいでしょう。
  • 岩手大学の留学生(在留資格「留学」)が、岩手大学でティーチングアシスタント(TA)やリサーチアシスタント(RA)の活動をする場合、資格外活動許可を受ける必要はありません。
  • 「家族滞在」の配偶者がアルバイトをする場合にも資格外活動許可を申請し、許可を受ける必要があります。

アルバイト実施届の提出

資格外活動許可を受け、実際にアルバイトを行う際は「アルバイト実施届」を事前に国際課へ提出する必要があります。

<アルバイト実施届の提出が免除される仕事>
 以下のアルバイトを実施する際は、アルバイト実施届の提出は免除されます。ただし、TAやRA以外の仕事をする際には「資格外活動許可」の取得が必要ですので、注意してください。

仕事の種類 ティーチングアシスタント(TA)、リサーチアシスタント(RA) 岩手大学が主催する活動や国際課が紹介する地域交流活動 1週間以内の
短期の仕事
長期の仕事
資格外活動許可
取得の必要
不要 必要 必要 必要
アルバイト実施届
取得の必要
不要 不要 不要 必要